NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム・児童発達支援事業所「そらのとり」

NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム・児童発達支援事業所「そらのとり」のブログです

新代表理事あいさつ

ごあいさつ

代表理事 小野真樹

   

私たちの活動「ルカ子ども発達支援ルーム」がスタートしたのは、2017年2月のことです。最初のきっかけは、「子育てで困難を抱えている子どもや家族を支援する働きを始めたい」という、何気ないひとことでした。そこにたまたま同じ考えを持った何人かが集まりました。そして少しずつ歩みを進め、2020年9月にはNPO法人格を取得、そして2021年2月には、児童発達支援事業所「そらのとり」が開始となりました。

 

この活動の大きな特徴は、本当に沢山の人たちの力に支えられている、ということです。初期のメンバーたちは、それぞれが本業を持ちながら、ほとんど無償で、多大なる時間と労力をかけて協力をしてくれました。

 

そして「そらのとり」の立ち上げのときは、常勤とパートをあわせて、9人という大勢のスタッフを得ての出発となりました。そらのとりのスタッフは、それぞれがそれぞれの保育者としての経験や、自身の子育ての中で、悩みを経験し、それを乗り越えてきたメンバーです。そして、楽しみながら「そらのとり」での支援に取り組んでくれています。

 

もちろん、ときには、とても困った問題が発生してしまうことがあります。それでも「そらのとり」のスタッフたちは、その解決を、アイデアを凝らしつつ、なんとか見つけようとしています。そしてそれは決して苦痛ではなく、「楽しみ」として取り組んでくれるような、そんなスタッフたちが集まってくれました。

 

ところで、「支援」とか「人助け」などという言葉を使うと、何となく偽善のように聞こえてしまいはしないでしょうか。しかし、私たちの活動を支えてくれている人たちには、「助けたい」「役に立ちたい」という思いが溢れているように見えます。なぜでしょうか? 多分、こんなことだと思います。私たち自身もそれぞれが、子育てや家族や人生のことで、悩んだり乗り越えたりして生きてきました。だから今、同じように悩みを抱えた子どもや家族と関わって、そこに何か良い変化をもたらすことができたなら、この上ない喜びを感じるのだと思います。この喜びを、熱くなりすぎないほどほどの温かさで、支援の活動に込めるようにしています。

 

子育てには悩みがつきもので、発達障がいや、その他の気がかりのある子育てならなおさらです。その大変な子育てを、たったひとつの家族で何の援助も受けずにやり切るというのは、尋常ならない困難なことです。しかしそもそも人類は、古来は、たったひとつの家族で子育てをするのではなく、多くの家族が集まって、助け合いながら子育てをしていたと言われています。だから、私たちの「ルカ子ども発達支援ルーム」では、困難な子育てを、ともに悩み、ともに考えながら乗り越えていくことを大切にしています。

 

困りごとを打ち明けて支援の門を叩くことは、たしかに、勇気がいることなのかもしれません。しかし私たちは、悩みを独り占めせずに、その悩みを私たちにも少し分けてはくれはしないだろうか、と願いながら、門を開いてお待ちしています。

 

NPO法人ルカ子ども発達支援ルーム 代表理事 小野真樹

 

         



親子ひろば からふる

親子ひろば からふる 2022年10月参加申し込みフォーム

公式LINEのお友達登録で

ポイント集めよう!

NPO法人ルカ子ども発達支援ルームでは、0歳~6歳までのお子様とその保護者の方へ、あそび場を提供する支援が始まりました。お友だち同士やご兄弟で、楽しく自由に遊ぶことができます。
また、ご希望の方には、スタッフによる手遊び・絵本の読み聞かせタイムもあります。
定員制、予約制、広々ホールや素敵なお庭でお子様と楽しいひと時をお過ごしください。

*******************
10月の
    親子ひろば 
*******************
4日(火)、13日(木)、20日(木)、

25日(火)☆ミニイベント
各回定員 5組様

🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃

25日(火)ミニイベント
     『ハロウィンパーティー🎃👻』
  参加費 子ども1人200円(お土産あり🎁)
※詳しくは、下記ミニイベントの詳細

🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃👻🎃

 

参加費 一人 100円(1歳から有料)
*******************

お申し込みはこちらのフォームをクリックしてください。

forms.gle

お申込み1週間以内に折り返し登録確認メールをお送りいたします。
登録メールが届かない場合はお手数ですが下記までご連絡ください。

ルカ子ども発達支援ルーム

親子ひろば からふる

TEL  0561-76-1270

Email  lukescds@gmail.com

********************
** ミニイベントについての詳細  **
******************** 

【10月親子ひろば からふるとミニイベントのお知らせ】

🐦10月の『親子ひろば からふる』と『ミニイベント』のお知らせ🐦

10月のからふるミニイベントは、

「ハロウィンパーティー🎃👻」

ちょこっと仮装して遊びに来てね🎩👑🎀🎭🎃
トリック・オア・トリートって言えるかな☺️
🎃ミニフォトブースを設置
ご自由に撮影OK📷️📱


🎃ミニイベント🎃
参加費 子ども1人200円(お土産あり🎁)

公式LINEからの予約はすでに始まっています

ご希望日のご予約はお早めに

f:id:lukescds:20211024211727p:plain

からふるチラシ

開所記念日

今日、そらのとりは1周年を迎えました。

 

私にとっては無我夢中で駆け抜けてきた、とても中身の濃い一年でした。

 

この一年、いつも私のそばには子どもたちと、子どもたちを支えるスタッフがいてくれました。

 

嬉しいことも、悲しいことも、悔しくて涙が出そうになることもたくさんたくさんありましたが、多くの人に支えられ、子どもたちにたくさんの喜びをもらいながら過ごすことができて、本当に本当に感謝しています。

 

 

最近、「子どもがそらのとりの日をとても楽しみにしている」「いきいきと遊んでいる様子をみてこの事業所に決めました。」と言っていただけることが多くなりました。私たちにとっては最上級のお褒めの言葉で、本当に嬉しく思っています。

 

ご家庭や、通っている園などで、関わりづらさがあったり、集団生活に馴染めないお子さんも、そらのとりに来て、スタッフが子どもたちに寄り添いながら丁寧に関わることで、いきいきと過ごすことができるようになります。そんな様子を保護者の皆さんにも実感していただけているのだなあと思います。

 

 

私たちは毎日、子どもたちと関わる中で、どうしたらいいんだろうと悩んだり、試行錯誤したりしながら、子どものこころの声にしっかりと耳を傾けるようにしています。

 

 

大切なことは全部、子どもたちが教えてくれる。

 

 

これからも子どもたちの成長に真っ正面から向き合って、2年目のそらのとりもどんどん進化していきたいと思います。

 

子どもたちがいつか大きな空に楽しく羽ばたいていくことを夢見て。

f:id:lukescds:20220131100013j:plain

そらのとりには青空が似合います

 

親子教室すきっぷ  無料体験 随時受付中! 

f:id:lukescds:20211207174101p:plain

親子教室すきっぷ無料体験随時受付中


親子教室すきっぷ 無料体験随時受付中

🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄

親子教室すきっぷ 無料体験

🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄

開催日時 火曜日または水曜日 

     10時〜11時30分 おやつ付き

お申し込みはHPまたはDMにてお受けします。

対象 1歳6ヶ月以上の未就園の親子

先着 5名

親子教室すきっぷは未就園のお子さんと保護者のためのプログラムです。先生やお友達との集団行動の経験を通して、「お友達と遊ぶのが楽しい!」「先生大好き!」「入園するのが楽しみ!」という気持ちを育てていきます。子育てや発達の相談ができる保護者プログラムもあります。

「お母さんと離れられるかな?」「お友達と遊べるかな?」「幼稚園、保育園ってどんな感じ?」という方はぜひ一度体験に来てみませんか?

ことばの発達が遅い、落ち着きがないなど発達にに気がかりのあるお子さんと保護者の皆さんも楽しく参加できるようスタッフがサポート致します。
どうぞお気軽にご相談ください。

🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄

プログラム

🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄

10:00〜登園、朝のしたく

自由遊び

10:20〜お片付け

    朝の会

    今日のあそび

      先生やお友達と一緒にたのしむあそび

11:00〜おやつ

11:20〜かえりの会

   さようなら

🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄

お申し込みはこちらのフォームをクリックししてください。

docs.google.com

後日、折り返しお電話でご連絡します。

ルカ子ども発達支援ルーム

親子教室すきっぷ

TEL  0561-76-1270

Email  lukescds@gmail.com

 

私の夢

室長のぞみです。

秋らしい風が吹く季節になりましたね。

尾張旭市に発達支援の事業所を作りたい」

私が周囲の人に自分の夢を初めて打ち明けたのはちょうど5年前の秋でした。

長い間私の心の中で温めていた夢は、口に出してからどんどんみんなの目標に育ち、本当に事業所を開所することができました。

周りの人には本当に恵まれていましたし、時期的にも良い時期だったのかもしれませんが、口に出してみると、自分も本当に実現しなくては、と言う気持ちがムクムク湧いてきて、大きな力になった事を覚えています。

 

毎日子どもたちと接する環境に恵まれ、少しよくばって次の新しい夢ができました。

それは

「この街に子育て応援チームをつくること」

 

子どもはお母さんのおなかの中から誕生した瞬間から、お母さん以外の家族、親戚、近所の人、幼稚園や保育園、学校・・と少しづつ小さな社会を広げていきます。

発達に気がかりのある子を育てていると、子どもも、親もなかなか居場所を見つけられません。気軽に遊びに行けるところ、悩みを打ち明けられるところ、子どもを受け入れてくれる場所、一つ一つ探してはみるものの、選択肢は少なく、家族は途方にくれてしまうこともあります。どこの地域でも少なからずみられる問題ではないでしょうか。

一つ一つの支援には限界があっても、協力することで、お子さんを受け入れることができるかもしれない、もう少し助けがあればここに通えるかもしれない、そんな経験もしてきました。

だから、子どもをとりまく地域の人々がバラバラに関わるのではなく、一つのチームになって子どもと家族を支えることが、大切だなあと感じるのです。

 

チームづくりをしていると、チームの仲間とわかり合うことやお互いの力関係を推し量ることに労力を費やしてしまうことがしばしばあります。チームの中で自分の出番はいつなのか、頭がいっぱいになってしまう事もあります。

大切なことですが、これは目標ではなく一つの手段。目の前の子供たちが健やかに成長すること、家族が笑顔になって過ごせることが大切な目標です。

 

ルカ子ども発達支援ルームの定款に「どんな子でも健やかに育つことができるまちづくりに寄与する」という一文があります。私の夢を夢で終わらせないために、みんなの目標として、しっかり実現するために一歩一歩積み重ねていきたいと思います。

 

めざせ

子育て応援チームの街!

f:id:lukescds:20211003163940j:plain

きれいな虹に願いを込めて

 

「一時的に在庫切れ」となってしまいました

ご紹介させていただいた、8月16日出版の拙著、『発達障がいとトラウマー理解してつながることから始める支援』ですが、amazonで在庫切れとなってしまいました。出版社の方に確認しましたところ、明日には再搬入されるとのことです。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、今後とも引き続き、ご支援のほどお願い申し上げます。